大崎 純 (Makoto Ohsaki)

総説

  1. 大崎 純, 最適化ツールの種類と特徴,建築技術, No. 797, pp. 104--106, 2016.
  2. 大崎 純,最適化の歴史と発展,日本建築学会大会(関東), 構造部門(応用力学)パネルディスカッション, 「最適設計」の過去・現在・未来,pp. 33-10, 2015.
  3. 大崎 純,建築形態と構造形態,Traverse 15, 新建築学研究, Kyoto University Architectural Journal, pp. 79--83, 2014.
  4. 大崎 純, 建築骨組構造の地震応答評価と最適化のための数値実験システム, 構造力学講究録, Vol. 58, 日本建築学会近畿支部構造力学部会, pp. 15--29, 2014.
  5. 大崎 純,展開構造のためのメカニズム生成,日本建築学会大会(近畿), 情報システム技術部門,研究協議会,アルゴリズミック・デザイン, pp. 52-54, 2014.
  6. 宮村倫司,山下拓三,秋葉 博,大崎 純,大規模並列有限要素解析コードによる 鋼構造物の詳細シミュレーション,日本建築学会大会(北海道),構造部門 (応用力学)パネルディスカッション,建物の強非線形挙動の再現における 可能性と課題,pp. 49-60, 2013.
  7. 大崎 純,建築デザインの数理的手法,Traverse 13, 新建築学研究, Kyoto University architectural Journal, pp. 65-68, 2012.
  8. 大崎 純, 最適化手法の概念と応用, 第10回新シェル空間構造セミナー 資料, 日本建築学会・シェル空間構造運営委員会, pp. 11-24,2011.
  9. 大崎 純,建築構造形態の最適化,日本オペレーションズ・リサーチ学会, 第66回シンポジウム「モノづくりに活かされる知能化・最適化」梗概集, pp. 35-43, 2011.
  10. 大崎 純,松岡祐一,佐々木健友,川口健一,IaSS 2010 上海シンポジウム 参加報告, 鉄鋼技術,Vol. 24, No. 273, pp. 26-32, 2011.
  11. 大崎 純,現状のまとめと今後の展望,セミナー:学校体育館の耐震診断・ 改修方法の課題と取り組み 資料,日本建築学会・シェル空間構造運営委員 会・耐震性能評価改修小委員会,pp. 94-95, 2010.
  12. 大崎 純,最適化と冗長性,建築雑誌, Vol. 125, No. 1609, pp. 34-35, 2010.
  13. 大崎 純,建築構造物の非線形解析と最適化,Traverse 10, 新建築学研究, Kyoto University architectural Journal, pp. 87-92, 2009.
  14. 大崎 純, 最適化ツールを用いない構造最適化,日本建築学会・応用力学運 営委員会・形態創生と構造最適化小委員会 編,構造最適化セミナー:構造 最適化は役に立つのか,pp. 11-18, 2009.
  15. 大崎 純, 建築構造の最適化,日本建築学会・応用力学運営委員会 編, 建築構造力学における最近の発展と展望,pp. 6-15, 2008.
  16. 大崎 純, 解析技術の最先端,建築技術, No. 701, pp. 162-163, 2008.
  17. 大崎 純, 高度な解析技術を用いた形態デザイン,建築技術, No. 709, pp. 140-141, 2009.
  18. 学校体育館等の性能設計ガイドライン(案),セミナー:学校体育館等の 耐震性能設計 資料,日本建築学会・シェル空間構造運営委員会・耐震 性能小委員会,2008.
  19. 大崎 純,最適化のための反最適化,Traverse 8, 新建築学研究, Kyoto University architectural Journal, pp. 21-28, 2007.
  20. 大崎 純,構造デザインの科学,研究集会資料,第29回情報・システム・利 用・技術シンポジウム,日本建築学会・情報システム技術委員会, pp. 143-146, 2006.
  21. 和田 章,大崎 純, 構造設計者へのCPDの充実,健全な設計・生産システム 構築のための提言・解説,2006年日本建築学会大会,研究協議会資料, 日本建築学会・健全な設計生産システム構築のための特別調査委員会, pp. 85-92, 2006.
  22. 大崎 純,重複座屈荷重の不整感度解析,Traverse 7, 新建築学研究, Kyoto University architectural Journal, pp. 26-30, 2006.
  23. 大崎 純,空間構造の地震応答解析,空間構造の動的挙動と耐震設計に関す るセミナー資料,日本建築学会・シェル空間構造運営委員会,pp. 59-68, 2006.
  24. 大崎 純,情報テクノロジーの開発(システム工学・制御),重要論文のレ ビューとリスト,日本建築学会総合論文誌,No. 4, pp. 142--145, 2006.
  25. 大崎 純,テンセグリティ入門,Traverse 6, 新建築学研究, Kyoto University architectural Journal, pp. 38--45, 2005.
  26. 大崎 純, 構造設計でのコンピュータ利用の恩恵と弊害,建築雑誌, Vol. 120(1538), pp. 24-26, 2005.
  27. Optimization methods for design of spatial structures, Proc. annual Meeting of Korean association for Shell and Spatial Structures, pp. 3-51, 2005.
  28. 大崎 純, 構造設計での問題点や利点の具体例,情報化時代の建築設計のあり 方に関する提言,情報化時代の建築設計のあり方に関する特別調査委員会, 日本建築学会,pp. 16-21, 2005.
  29. 大崎 純,建築計算工学とは,Traverse 5, 新建築学研究, Kyoto University architectural Journal, pp. 79-83, 2004.
  30. 大崎 純, 構造設計のIT化の恩恵と弊害, 建築設計のIT化―手綱は引くべき か,2004年度建築学会大会・研究協議会資料,情報化時代の建築設計のあり 方に関する特別調査委員会,pp. 7-10, 2004.
  31. 大崎 純, 数式処理,建築ソフトのフロンティア,建築雑誌, Vol. 118(1511), pp. 4-5, 2003.
  32. 大崎 純, トラスの形状とトポロジーの最適化,建築の研究,建築研究振興 協会,No. 158, pp. 20-22, 2003.
  33. 大崎 純, 建築形態の数理,特集:建築形態の数理,建築雑誌, Vol. 118(1507), pp. 30-31, 2003.
  34. 大崎 純,曲線の滑らかさと力学,Traverse 4, 新建築学研究, Kyoto University architectural Journal, pp. 47-54, 2003.
  35. 大崎 純, 研究レビュー,シェル・空間構造,建築年報2002,建築雑誌, Vol. 117(1493), pp. 43-33, 2002.
  36. 大崎 純, 最適化ソフトウェア,建築ソフトのフロンティア,建築雑誌, Vol. 117(1487), pp. 4-5, 2002.
  37. 大崎 純, 建築・情報・システム..., 特集:建築の情報技術革 命, 建築雑誌, Vol. 117(1485), pp. 46-47, 2002.
  38. 大崎 純, 福島順一, 情報技術革命と構造設計者, 特集:建築の情報技術革 命,建築雑誌, Vol. 117(1485), pp. 36-37, 2002.
  39. 大崎 純,加藤直樹,立体トラスの部材配置最適化,オペレーションズリサー チ, Vol. 46(7), pp. 17-22, 2001.
  40. 大崎 純,建築構造物の座屈と最適化,Traverse 2, Kyoto University architectural Journal, pp. 53-60, 2001.
  41. 大崎 純,トラスの形状最適化,Traverse 1, Kyoto University architectural Journal, pp. 107-116, 2000.
  42. 大崎 純, トラスの多目的・多段階形状最適化, 新しいスペースフレーム -- 形態・性能・設計, 第8回シェル・空間構造セミナー, 日本建築学会シェル・ 空間構造運営委員会, pp. 3-14, 1999.
  43. 大崎 純, 鋼骨組構造物の解析における留意点, 建築技術, No. 593, pp. 130-133, 1999.
  44. 大崎 純, パラメトリック最適化手法による構造物の最適設計, システム/情 報/制御, Vol. 42, No. 12, pp. 645-652, 1998.
  45. 大崎 純, 中村恒善, 力学的性能制約条件下でのトラスの最適設計とトポロ ジー最適化, 空間骨組構造: 形態・性能・生産, 日本建築学会シェル・空間 構造運営委員会空間骨組構造小委員会, pp. 73-87, 1995.
  46. 大崎 純, トラスの最適部材配置生成法, 構造形態の解析と創生, 生研セミ ナーテキスト, 生産技術研究奨励会, No. 195, pp. 121-139, 1994, \ 構造形態の解析と創生, 日本建築学会応用力学運営委員会構造形態の解析と 創生小委員会, pp. 155-174, 1995.
  47. 大崎 純, 最適設計への期待, 建築雑誌, Vol. 106(1308), pp. 60, 1991.